まだ通知はありません
画像提供:nin 様

トッケイヤモリ

概要 飼育方法
分布(生息地域) 編集する

インドネシア、タイ

生態(自然環境下での生活の様子) 編集する

森林に生息するが、農耕地や都市部でもよくみられる。
名前は、鳴き声に由来する。
昆虫、ヤモリ類、小型鳥類、小型哺乳類などを食べる。
繁殖様式は卵生。1回に2 - 3個の卵を産む。

形態(外見的特徴) 編集する

全長18 - 35センチメートル。頭部は、三角形で大型。背面は細かい鱗で被われるが、やや大型の鱗が混じる。体色は淡青色で橙色の斑点が入る個体が多いが、個体変異や地域変異がある。斑点は、尾では帯状になる。

寿命 編集する

寿命は5年です。体の大きさの割に寿命は短いです。
野生化の寿命も大きくは変わらず、最長でも6年ほどしか生きることができません。

性格 編集する

WC:荒い(臆病な子が多い慣れるとベッタリになる子もいる)
CB:臆病ではあるけれどすぐに慣れてくれる子が多い。ベタ慣れで販売の子もいる。

その他 編集する

*有鱗目
SQUAMATA(SAURIA)
*ヤモリ科
Gekkonidae
*英名
Tokay Gecko
*学名
Gekko gecko

生体情報は誰でも編集できます!
みなさんの知識を寄稿いただけますと幸いです!