まだ通知はありません
画像提供:ありま 様
有鱗目 > イシヤモリ科 > Correlophus

クレステッドゲッコー

New caledonian crested gecko
概要 飼育方法
分布(生息地域) 編集する

ニューカレドニアの固有種であり、1994年に発見されるまでは絶滅したと考えられていました。
ニューカレドニア本島南部、パイン島および周辺の島々に生息します。

生態(自然環境下での生活の様子) 編集する

森林の小さい枝や細い枝の間、1~4メートルの間に棲息しています。 ほとんどの種のヤモリとは異なり、クレステッドゲッコーは雑食動物であり、多種多様な昆虫や果物を食べる肉食動物でもあると考えられています。 飼育下ではクレステッドゲッコー用に調整された人工フードを与える必要があります。

形態(外見的特徴) 編集する

全長20センチメートル。体色には変異がある。
種小名ciliatus「縁毛のある、睫毛(まつげ)のある」の意で、眼上部から背面にかけて並ぶ棘状の鱗を睫毛に見たてたことが由来と思われる。和名や英名はこの突起状の鱗を王冠(Crest)に見たてたと思われる。尾にも趾下薄板と同じような吸着機能がある。尾を自切した場合、基部には玉状の組織が形成され、元のような長い尾に再生しない。

寿命 編集する

クレステッドゲッコーの寿命は15年〜20年です。

性格 編集する

ヤモリの中でも特に大人しくおっとりした性格で、ハンドリングもしやすいと言われています。
クレステッドゲッコーはペットとして盛んに繁殖が行われていて、人に対する警戒心も低く、攻撃性もあまりないので爬虫類初心者の方も飼いやすいでしょう。

その他 編集する

和名はオウカンミカドヤモリでございます。

生体情報は誰でも編集できます!
みなさんの知識を寄稿いただけますと幸いです!
もっと見る