まだ通知はありません
まだ画像がありません

アマミシリケンイモリ

概要 飼育方法
分布(生息地域) 編集する

主に奄美大島に生息する。 

生態(自然環境下での生活の様子) 編集する

雨上がりに出来上がった林道の淵にある小さな水溜りや池 流れの緩やかな水路などに多くみられ 夜間に多くみられる傾向がある 自然下ではおたまじゃくしやヌマエビ ミミズなどを食べ 大量に群れて発見されることが多い 

形態(外見的特徴) 編集する

オキナワシリケンイモリに似るが背中のラインや腹の色は違い、オレンジ色である。体長は成体になると10センチから15センチほどになる。また背中に出る斑点はオキナワシリケンイモリは金色が出やすいがアマミシリケンイモリは銀色が出やすい。尻尾は名前の由来の通りアカハライモリよりも高さがあり剣のような形になっている。色彩変異個体は全身オレンジ色に大量の銀、または金箔などの個体もいる。

寿命 編集する

自然界は長くて30年ほど生きる個体もいるようだ。飼育個体になると長くて20年、短くても5年は生きる。平均的には10年ほど生きる。

性格 編集する

人に攻撃するような性格ではなく大人しい。また人に慣れてくると餌を期待し人によってくるようにもなる。人が触ると嫌がり、逃げようとする。

その他 編集する

現地では雨上がりのロードキル 生息地の分断 渇水やペット用での乱獲により生息数が減少しており問題となっている

生体情報は誰でも編集できます!
みなさんの知識を寄稿いただけますと幸いです!
もっと見る